SASUKEの魅力とは。 SASUKEに魅了される男たちの生き様。第30回の結果、山田の復活は? 

この記事は9分で読めます

HI360211

いよいよ始まりました!

SASUKE 2014!

 

HI360211

 

 

とゆう事で、この30回記念大会の結果詳細情報をアップしていきたいと思います!!

全体の総括としては近年の暗黒時代を脱してサスケの面白さが徐々に戻ってきた感じの印象です。

マメ知識ですがプロデューサーだか演出家だか(記憶が定かでないww)

とりあえず制作スタッフの中に、サスケ全盛期の制作に携わっていた人が何年かぶりにかえってきたとかで。

その人が近年のオールスターズvs新世代vsアメリカみたいな対立構造をなくして、見ている人が素直に応援できるような演出にしたんだとか!

そうゆう演出の方が僕は好みですね!

 

てか、竹田さんいつのまに消防士辞めてたんだ!!!!wwww

しかも離婚していたとゆうダブルの衝撃ww

離婚理由については、一部ネットの噂では竹田さんの浮気が原因だったとか・・

あくまでも噂です!!

奥さん可愛かったのになー

なお現在は加圧ジムトレーナーになっている模様。

サスケでこれだけ名前売ってますから案外自営業でトレーナーとかやった方が儲かるかもしれないですね。

って誰かにそそのかされたんだろうかww

 

山田さんもなんだかんだでゲームのキャラクター化CM出演ポスター出演、地方のイベントやショッピングモールとかで講演会やらなんやらやっていて、それなりに副収入があるようですし。

一部噂では年収2000万以上とゆう噂も。

エスパー伊東が結婚式の余興など営業のみで年収2400万稼いでいることを考えれば山田さんがこれくらい稼いでいても不思議ではないかも。

しかも山田さんの場合事務所には所属していないのでイベント出演料は丸まる入るでしょうし。

少なくとも、そこら辺の芸人より知名度はあるでしょうから、収入が鉄工所アルバイトのみに依存している訳でもなさそうです。

職業サスケ
ももはやネタではありません笑

1stステージ

ボクシング内藤やテラスハウス菅谷哲也がリタイアする中、

まず、見せ場を作ったのは山田勝己率いる山田軍団黒虎の松原慎治(22)

ゼッケンは31番

1stステージ最後のエリアまで進出するも、なんと最後の最後で着水!

これは痛すぎるリタイアとなってしまいました。。

そして連続で山田軍団の登場!

今回の山田軍団黒虎は一味違います!!

ゼッケン32番の山本浩茂(21)が最初の1stクリア者になりました!

なんと18秒残しの余裕のクリア!

母親が病気で手術だとかで、母に良い報告が出来て良かったですね!

山田さん泣いてるしww

そしてそして・・・

今回こんな噂情報が!

今回、サスケの公式を見ていると棄権者が多いのが分かると思います。
ここ!

この棄権者の中の、黒虎メンバーの3人の後の34番、実は山田さんだったのでは?
とゆうものです!

なんでも、テレビジョン?的なテレビ情報誌に34番を付けた山田さんが写っている!

とゆうもの。

本人が引退はまだしていないと例によって復活宣言をしているので可能性としては低くないと思います。

その復活宣言はサスケの公式ようつべチャンネルのSASUKE RISING 2013 Mr. SASUKE Yamada Interviewとゆう動画で確認する事が出来ます!

この動画、29回大会の直前に取られたもののようなんですが、この時点でいつか復活するつもりだと明言しているので、30回記念大会に出てくるのは十分考えられる話なのです。

ただ、そうなった場合なぜ全カットで出場自体がなかったことになっているのかは分かりませんが。

本人がインタビュー内で、復活するからには無様な姿は見せないと性懲りもない事を言っていたので制作サイドにクリアしなかったら放送しないとゆうような約束をしてたんですかね。

サスケのプロデューサーの乾さん、山田さんと割と仲良しらしいので笑

山田さんほどサスケに貢献してきた人ならスタッフにこれくらいのお願いは出来そう。

それか、制作側としても指導者とゆう位置づけでていよく山田を出演させることに成功しましたから、これ以上山田の知ってたは、放送する必要がないとゆう判断なんでしょうか。

ってか、別に山田さんの場合はファーストで落ちてもいいんです!!

手袋を取り忘れようと、そり立つ壁に何度阻まれようと、もはや体力的に完全制覇の可能性など微塵も感じさせられなくとも!!!

僕たちは山田の挑戦する姿が見られればそれでいいじゃないか!!

 

そして、話は戻り1stステージ。

今回はオールスターズ竹田や山本、その他有力選手が1stまさかのダイジェスト笑

 

続いて登場は電気店勤務の日置将士がクリア!

日置さんは今後主要メンバーになってきそう。

てか奥さんがかわいいww

 

そして、続いてコンクリートミキサー運転手、川口朋広(32)

また一人ニューヒーロー誕生を予感させる選手の登場です。

新世代組の面々とサスケセットで共に練習するVTRも。

この川口、家庭の都合で10年前に家を出た父を会場に呼び、その父もサスケを

「二人の失われた10年を取り戻してくれるような時間だった」

と語るなど番組的に盛り上がるエピソードをもってやってきました!笑

次回からはきっちり新世代組として認識されるはず。

 

そして、「好きなタレントはSASUKEオールスターズ」と語るゴールデンボンバーの樽美酒研二はまさかの最終エリアでの落下。

ここから竹田敏浩、なかやまきんに君、ワッキー、トランポリン長崎やリーエンチ、さらにアメリカ代表ドリューが最速28秒残しの圧巻のパフォーマンス。

さらに皆勤賞山本や漆原、又地涼が続きます!

前述のとおり竹田や山本、きんに君や長崎、リーなどはダイジェストでした。

 

ちょっと前まではオールスターズの所でしかあまり尺は使いませんでしたが、今は新世代がいっぱいいますから、世代交代を図りたい制作側としてはオールスターズと新世代、どちらを売り出していきたいかは言うまでもありません。

それに、オールスターズの1st前のVTRフリはもうマンネリ感がありますし、かといってあのテーマ曲なしでさらっといくのもなんか違う気がするので、どうしても尺を取ってしまうオールスターズの1stは尺的に厳しくなってきたとゆう所でしょうか。

ん~にしても乾さん、オールスターズはやっぱりちゃんと写してください!!!!


 

そしてコング高橋やシルバーアクセサリーの菅野仁志もクリア!

ここまでは新世代オールスターズなど常連組は順調!

6年ぶりに帰ってきた印旛村白鳥は残念ながらジャンプハングでお馴染みの片足飛びでトランポリンを踏み外すとゆう痛恨のミス。

白鳥の次、植木職人の朝一眞はこの流れを見事断ち切りクリア!

今回はとってもかわいい彼女を連れての参戦でした笑

実はこの彼女、サスケの放送を見て朝のファンになり、たどりにたどって朝にアプローチしたそうです。

って、これ顔が顔ならストーカーじゃないですかww


いやしかし

可愛いは正義です!


なんでもありなんです!!

しかも35秒残し!!!

最速更新!

 

ここで長野さんの登場です・・・

心配www

落ち着いてエリアを攻略していき・・・

見事クリア!!!!


そしてゼッケン3000、最後の1st挑戦者、前回史上初めてクレイジークリフハンガーを攻略し、最優秀記録を残したサスケ君こと森本は安定のクリア!

今回の1st、有力選手は安定の成績、さらに1stクリア者は27人!

明らかに高齢化したオールスターズのため?

にセットが短くなり、エリア自体も比較的簡単になっていました。

これなら山田さんもひょっとしたら・・・www

1st STAGE
制限時間105秒
1.ロングジャンプ
2.ロググリップ
3.ヘッジホッグ
4.ジャンプハング改
5.2連そり立つ壁
6.ターザンジャンプ
7.ランバージャッククライム

Result
2901 内藤大助 カット(ロングジャンプ?)
2902 菅谷哲也 2連そり立つ壁(1つ目挑戦前)
2903 鳥澤克秀 ヘッジホッグ
2904 西村 卓 カット
2905 池田顕斗 カット
2906 菊川靖博 カット
2907 池谷秀喜 カット
2908 鈴木吉之 カット
2909 檜物 量 カット
2910 深沼 開 カット
2911 オラキオ ジャンプハング改
2912 寺田真二郎 カット
2913 大西由真 カット
2914 森澤教有 クリア(カット)
2915 板谷友弘 カット
2916 成田童夢 ヘッジホッグ
2917 脇 雅美 ヘッジホッグ
2918 清宮裕太 ジャンプハング改
2919 田中晴輝 ロングジャンプ
2920 釜石龍馬 カット
2921 尾野透雅 ロググリップ
2922 やすこ ロググリップ
2923 井田洋人 ロググリップ
2924 遠藤清一 カット
2925 垣迫三夫 カット
2926 Lttle Tiger カット
2927 佐々木陽子 ロググリップ
2928 大西由希子 ロググリップ
2929 RENA カット
2930 eMY ヘッジホッグ
2931 松原慎治 ターザンロープ
2932 山本浩茂 クリア (残り18秒42)
2933 渡辺陽介 カット
2934 欠場
2935 日置将士 クリア(残り5秒72)
2936 葉隠長門 ジャンプハング改
2937 尾登滉一 カット
2938 永野智哉 カット
2939 松原勝大 カット
2940 松尾信宏 カット
2941 大倉士門 ロググリップ
2942 横浜流星 ヘッジホッグ
2943 鈴木祐輔 2連そり立つ壁(2つ目)
2944 村山卓也 カット
2945 権藤博幸 カット
2946 橋本祐樹 カット
2947 岡田行正 カット
2948 永瀬 匡 ジャンプハング改
2949 山本涼介 ジャンプハング改
2950 石井勇太 カット
2951 飯島豊久 ヘッジホッグ
2952 石丸謙二郎 ジャンプハング改
2953 渡邊美香 ヘッジホッグ
2954 澤山璃奈 ロググリップ
2955 欠場
2956 花井留美 ジャンプハング改
2957 セレズーニョーワ・アントニーナ ジャンプハング改
2958 川浦あすか ヘッジホッグ
2959 小山田卓馬 カット
2960 天野ジョージ 2連そり立つ壁(2つ目)
2961 内山麿我 ジャンプハング改
2962 河野神樹 ロングジャンプ
2963 今村大祐 ジャンプハング改
2964 割谷泰三 ジャンプハング改
2965 洪 恭芹 クリア(残り2秒0)
2966 廖 龍隼 カット
2967 川口朋広 クリア(残り21秒58)
2968 上遠野裕也 クリア(カット)
2969 星川大我 クリア(カット)
2970 方伯部浩正 クリア(カット)
2971 高見俊治 クリア(カット)
2972 守上大輔 クリア(カット)
2973 岸本真弥 クリア(カット)
2974 石川輝一 クリア(カット)
2975 加藤僚馬 カット
2976 松尾陽介 カット
2977 前田 竜 カット
2978 ケイン安齋 ランバージャッククライム
2979 樽美酒研二 ランバージャッククライム
2980 竹田敏浩 クリア(ダイジェスト)
2981 なかやまきんに君 クリア(ダイジェスト)
2982 ワッキー クリア(残り14秒14)
2983 金子陽佑 カット
2984 染谷幸喜 クリア(ダイジェスト)
2985 山口康輔 カット
2986 長崎峻侑 クリア(ダイジェスト)
2987 欠場
2988 武尊 カット
2989 中野大輔 2連そり立つ壁(2つ目)
2990 リー・エンチ クリア(ダイジェスト)
2991 ドリュー・ドレッシェル クリア(残り28秒90)
2992 山本進悟 クリア(ダイジェスト)
2993 漆原裕治 クリア(ダイジェスト)
2994 又地 諒 クリア(残り33秒91)
2995 高橋賢次 クリア(ダイジェスト)
2996 菅野仁志 クリア(ダイジェスト)
2997 白鳥文平 ジャンプハング改
2998 朝 一眞 クリア(残り35秒55)
2999 長野 誠 クリア(残り12秒89)
3000 森本裕介 クリア(残り11秒16)

100人中27人クリア

2ndステージ

最初に挑んだ山田軍団、山本浩茂はリタイア。

最初のクリアは日置でした!!

「これだいぶ起きれないっすよ・・」

へとへとのクリアでした

最後に奥さんと娘と抱き合っていたのは少し感動!

竹田さんはサーモンラダーでパイプが外れリタイア、きんに君は最初のエリアでまさかの落下。

ワッキーもサーモンラダーで脱落。

この流れを断ち切りトランポリン長崎、リーエンチはクリア!

オールスターズ山本は残念ながら前回と同じくバックストリームを攻略できず。

「息が詰まった」と、途中で完全に諦める山本。

長野さんも「やっぱこの年じゃあそこきついんだ」

とオヤジ発言。

水飲んじゃったんですかね?とゆうスタッフの問いかけに

「水飲んでも行けばいいのにね」と奥さんのあいかわらずの辛口コメントww

この夫婦は安定ですww

又地はクリア、コング高橋はリタイア、菅野、朝の新世代組はクリア、長野さんはまさかのサーモンラダーでラダーが外れて失格とゆう痛恨のミス。

「泳ぐとこまでの息の切れようが見たかったのにな~」

とゆう長野さんに

「自分で?(笑)パパが泳ぐとこ見たかったのになぁ~~もったないよ~~」

と奥さん。

サスケ君はまさかの最後の三枚目の壁でタイムアップでした。

2nd STAGE
制限時間110秒
1.クロススライダー
2.スワップサーモンラダー
3.アンステーブルブリッジ
4.スパイダーウォーク・スパイダードロップ
5.バックストリーム
6.ウォールリフティング

Result
2914 森澤教有 棄権
2932 山本浩茂 スワップサーモンラダー(脱線)
2935 日置将士 クリア(残り2秒02)
2965 洪 恭芹 スライダードロップ
2967 川口朋広 クリア(残り7秒07)
2968 上遠野裕也 バックストリーム
2969 星川大我 ウォールリフティング
2970 方伯部浩正 バックストリーム
2971 高見俊治 スワップサーモンラダー
2972 守上大輔 ウォールリフティング
2973 岸本真弥 クリア(残り5秒55)
2974 石川輝一 カット
2980 竹田敏浩 スワップサーモンラダー(脱線)
2981 なかやまきんに君 クロススライダー
2982 ワッキー スワップサーモンラダー
2984 染谷幸喜 スワップサーモンラダー
2986 長崎峻侑 クリア(残り2秒73)
2990 リー・エンチ クリア(残り1秒06)
2991 ドリュー・ドレッシェル クリア(残り9秒45)
2992 山本進悟 バックストリーム
2993 漆原裕治 ウォールリフティング
2994 又地 諒 クリア(残り3秒89)
2995 高橋賢次 スワップサーモンラダー(脱線)
2996 菅野仁志 クリア(残り2秒94)
2998 朝 一眞 クリア(残り10秒00)
2999 長野 誠 スワップサーモンラダー(脱線)
3000 森本裕介 ウォールリフティング

27人中9人クリア

3rdステージ

最初の挑戦者は電気屋さん日置将士!

しかしクレイジークリフで残念ながらリタイア。

この日置のリタイア後のコメントがまた感動します。

家族になんて言葉をかけたいですか?とリポーターに聞かれ、

「ありがとう。ですね。僕が好きで始めたサスケ。彼女にカッコいいところを見せたくて始めたサスケ。それを馬鹿にするでもなく、ずっと側で応援してくれて。そして結婚して、子供が生まれて。それでも日々サスケのトレーニングに協力してくれた家族に、本当に、ありがとうと言いたいです。」

奥さん泣いてます。

ってかかわいい!

そこwww

次々と挑戦者が脱落する中、3rdステージ初挑戦のゼッケン67、コンクリートミキサー運転手の川口朋広が見事クリア!

小さい頃に家庭の事情で家を出ていった父親が見守る中見事なクリア!

怪力商社マン岸本真弥はクレイジークリフを攻略するも次のエリアで落下。

岸本は奥さんと二人の娘さんを連れての参戦でしたが、なんと次女(9歳くらい?)の夢はパパと一緒にサスケに出る事なんですって!

パパが落ちた瞬間の次女のそれはそれは悲しそうな表情・・・

そして配管工又地がこれに続く!

小学校の卒業文集に夢はサスケ完全制覇と書いた男の本領発揮!

応援にきていたお母さんも泣いています。

小さい頃からサスケのビデオは全て保管してあるとゆう又地。

そんなサスケ大好きな少年又地をお母さんはずっと見てきたでしょうから、息子がその夢の舞台で活躍する姿を見てお母さんが涙するのも、そうして背景も考えるとグッとくるものがあります。

そしてシルバーアクセサリーの菅野もまたしてもクレイジークリフを攻略できず。

去年誕生した子供に良い報告は出来ず。

奥さんも案の定泣いてます・・・

ってか菅野の奥さんもかわいい!!←またww

結局、3rdを攻略したのはこの2人だけでした。

しかしこの2人も、結局ファイナルは攻略ならず・・・

今大会で完全制覇は出ませんでした・・

3rd STAGE
1.ランブリングダイス
2.アイアンパドラー
3.ドラムホッパー
4.クレイジークリフハンガー
5.バーティカルリミット
6.パイプスライダー

Result
2935 日置将士 クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)
2967 川口朋広 クリア
2973 岸本真弥 バーティカルリミット
2986 長崎峻侑 クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)
2990 リー・エンチ クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)
2991 ドリュー・ドレッシェル クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)
2994 又地 諒 クリア
2996 菅野仁志 クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)
2998 朝 一眞クレイジークリフハンガー(3本目→4本目)

ただ、久々にオールスターズが3人1stをクリアしてくれたので結構楽しめました!

そして今回は新世代の面々を家族ぐるみ、恋人ぐるみで応援したくなるような演出が目立ちました。

昔のオールスターズ、特に山田さんなんかは家庭の反対にあいながらも、何かを犠牲にしてまでもサスケの魅力に呑み込まれていく不器用な男たち

ってゆう感じの演出(とゆうか事実)で、こうゆうのも見ていて引き込まれますが新世代の場合、奥さんや恋人、両親など一緒になって選手を応援している。

ここもまたサスケの魅力のひとつですね。

ただ、あからさまに新世代が落ちた時に恋人や奥さんが泣いている姿を抜いてくるので若干くどいかなぁ~って気もしますが。

次は、山田さんの復活なんて・・・・

ないかなーwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20120821
  2. 三吉彩花
  3. kako-babToZGVr5KgtVts
  4. 最上もが
  5. 小島瑠璃子
  6. gnj1007270504006-p6
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。